岐阜県根尾の広葉樹活用プロジェクト連携協定の目的や内容、効果について

広葉樹活用プロジェクト連携協定においては、林業から加工までの一連の流れを通し、流通業者、消費者に普及させる経路を拡大することが主な内容です。規格外の広葉樹を使い、業界が密に連携しながら第六次産業化を目指しています。

国内のニーズのみならず、外国でのニーズも考慮し、海外への拡大も視野に入れています。

そのためにも、海外製品や企画を開発しています。外国消費者も対象として普及活動を広めることにも注力しています。

有限会社根尾開発…木材の生産

有限会社根尾開発は、岐阜県にある根尾をメインとして事業をおこなっています。3000ヘクタール以上もの社有林(しゃゆうりん…企業が管理する森林)を持つ森林財産管理会社です。40年間も森林の維持管理や木材の生産をしています。広葉樹林の育成にも力を入れています。

2015年には家具や製材製品を作るため、規格外広葉樹を効率的に運搬できる手法を確保しました。この取り組みは2016年に話題になった「規格外広葉樹の複数年の材料化実験を

おこない、年次変動の有無や規模、年単位の気象の影響を把握する」の取り組みを産業化する目的でした。規格外広葉樹を含めたプロジェクトは、価格競争にも必要と考えられたのです。

実際改善策を実行し、規格外広葉樹を効率的に運搬し、選別手法の確実性を高めようとしたのです。

株式会社カネモク…乾燥、製材

 

株式会社カネモクは岐阜県高山市にある製材業者です。主に家具材を中心に扱っています。

2016年には複雑な形状や小径木を、夏には伐採によって規格外とされ、家具用材として対象外のものを、一定のルールに従ってインテリアや木製の家具の材料にする方法を生み出しました。その材質のサイズやコンディションによって分類していき、家具用材として生かす方法を見出したのです。

規格外のものでも家具用材に製材することができ、広葉樹の可能性を広げました。

しかし多様な製品用材にするためには労力がかかり、材料費は市場価格以上の高単価になってしまいました。単価を低くするため、加工側でよりシンプルな寸法の材料で構成するように工夫します。定期的に生産できる製品を開発し、効率化することで価格的競争に勝てるようにしました。加工情報と連動した製材手法を確立したのです。

オークヴィレッジ株式会社…加工、普及

 

オークヴィレッジ株式会社はもともと木工技術や伝統を受け継ぎ、機種や木材の特質を生かす家具や、木製小物を作るノウハウを持っています。

家具をはじめとしておもちゃやテーブルウェアといったインテリア雑貨まで、サイズにはこだわらず、生活に関わる幅広い製品を生み出しています。

たとえ規格外でも、製品のサイズや特質によってはさまざまな状態の材質を利用できる強みを生かしています。2016年には、規格外広葉樹の用材を製品のサイズや質によって、細かく規格に合わせました。それらの製品に使った方法を生かし、製品の試作を実現させます。

一方、製品や規格外広葉樹からできた材料が多様化してしまい、管理や流通システムの整備がさらに必要になりました。同時に、製材の期間ではより均一にされたサイズの材料を定期的に作れる商品企画が求められます。よって、それらの整備と規格を加えた産業化を

目指す事業に力を入れます。

普及について

 

オークヴィレッジ株式会社では、国内の小売店や商品利用者と直接取引するビジネスモデルを生かし、本プロジェクトの発展と広報を引き続きおこなっていきます。

広報活動は一般メディアを通して、規格外広葉樹を活用する意義と将来性、連携協定事業に関わる次世代の林業の担い手の存在を知ってもらうことが中心です。

そしてこの取り組みが論理的に幅広く浸透するように、日本・海外の消費者を招いてツアーを実施したのです。

ツアーのタイトルは、「根尾の森と広葉樹を使った適材適所のモノづくり現場を巡るツアー」です。消費者目線になってドキュメンタリーを製作し、web上にアップし、企画展を実施します。国内林業の実態や今後の課題、規格が広葉樹をどうして有効利用するべきかの意味、木材生産者や製材、加工、普及、乾燥業者がどのように関わっているビジネスかを、ビジュアル化して分かりやすく示したのです。

 

 

日本・外国への普及を目指してツアーイベントを開催

プロジェクトの普及と国産広葉樹製品の価値を、日本のみならず海外にも発信していきます。国内市場の縮小への対応策、ニーズの拡大を目標とし、連携協定事業に関わる次世代の林業の担い手の存在を広めます。そして本プロジェクトについて興味を持ってもらい、理解を促すことが目的です。

 

【ツアー内容】

 

・タイトル: 「根尾の森と広葉樹を使った適材適所のモノづくり現場を巡るバスツアー」

・参加人数:30名(対象:国内外の消費者)

・日時:2016年8月6日(金)9時10分-18時30分

・交通手段:中型チャーター観光バス2台

 

 

ドキュメンタリーの制作について

本プロジェクトでおこなった岐阜県の根尾ツアーに密着した映像を、ドキュメントコンテンツとして配信します。根尾の森ツアーに参加できなかった消費者の方たちも、臨場感あふれる動画を視聴すれば、まるでその場で体験している感覚になり、深く理解できるでしょう。




国内・海外に向けたプロジェクトのwebサイト制作やアップデート

 

主に20代、30代の女性、子育て世代で環境問題に興味のある人たちを対象としたwebサイトを作り、更新していきます。

このプロジェクトを広く普及していくため、プロジェクトの目的や概要、社会的貢献や具体的な取り組みについて主張しています。

広葉樹画一仕様商品を通して、外国の消費者をターゲットに、広葉樹を適材適所に組み合わせて作る日本のスキルのアピールも目指しています。

本プロジェクトが、環境に優しく、維持しやすい製品製造のシステムであることを強調しています。





広葉樹活用プロジェクトで得たことは…

 

広葉樹活用プロジェクトによる効果は、主に2つありました。

・広葉樹林の新たな価値を創作できた

 

これまでの木材を評価する価値は、単なる商品や素材の希少性による価値だけではありません。本プロジェクトのような環境重視型の取り組みが、消費者の関心や評価の一つにもなると確認できました。

 

 

・広葉樹の材質と有効範囲が拡大し、年次変化が分かった

 

材料単価は2015年の一般市場より、広葉樹活用プロジェクトで素材化された広葉樹材料の方が高値でした。しかし同じ材木量を確保するのに、伐採や抽出、運搬の一連の作業をまとめることに成功し、価格的競争力が高まったのです。

夏切り材については、天候を考慮し、段取りをパターン化しておくことで産業化できことがわかりました。

厚みのある材料は試験した結果、素材化できることも分かりました。





今後の課題とこれからの計画は?

 

夏切り材や厚みのある材料は素材化ができます。このことからも、今後の素材生産の計画に反映できると分かります。素材化の精度が高まれば、全国の国産広葉樹の効率的な素材化が実現できるでしょう。その結果、広葉樹林の価値のアップにつながるのです。

今回の広葉樹林活用プロジェクトを通して、今後はほかのエリアの国産広葉樹の素材化実験をおこなう計画も出ています。





消費者マーケットの連携の必要性

 

岐阜県根尾でのプロジェクトが生かされ、別の地域の国産広葉樹の素材化が進めば、材料供給が過剰になってしまいます。素材の価値だけでなく、環境に配慮した優しい価値を生み出すことで、広葉樹林の価値アップの可能性が見えてきます。

そのため消費者に届く前の製造段階で広葉樹を使い、それぞれの価値にぴったりな加工ができるメーカーや企業が増えるのが望ましいです。

加工部門で連携する団体や企業を試験的に増やし、素材化した国産広葉樹の情報を整理し、管理して発信できるプラットフォーム構築が求められます。

さらに、ソフトな価値を利用する消費者市場に近い企業のニーズについて、伐採現場、材料選び、製材、加工の要領を改善する基準にする必要があります。




特に外国の消費者に引き続き呼びかけていく必要がある

関心の高い消費者を対象として、継続的に情報を発信していく姿勢が求められます。連携各社の広報システムだけでなく、外部の企業とのコラボレーションや宣伝広告をメインに扱う人材の確保も必要です。率先して情報発信することで、システムの整備強化が期待できるからです。

さらに、外国の消費者に向けて情報発信していくことも重要です。将来、国内市場が縮小することが予想されるからこそ、今回の試作品について外国消費者に向けてアピールし、国内同様、海外消費者普及活動の継続を重視するべきなのです。